ようへい

2014年2月26日水曜日

自分なりの Android 開発環境まとめ (2014/02/26版)

久しぶりにAndroidアプリの開発をしようと思い、イチから開発環境の構築をしたのでメモ。
なお、以下の情報はIntel製CPUを積んだPCでの環境構築を前提としている。

環境構築準備

以下のファイルを準備する。
Eclipse 最新版
Pleiades - Eclipse プラグイン日本語化プラグイン | MergeDoc Project
Android SDK Tools
Android SDK | Android Developers
DOWNLOAD FOR OTHER PLATFORMSをクリックし、SDK Tools OnlyRecommendedとなっているインストーラーをダウンロード
Java Development Kit (JDK) 6
Java Archive Downloads - Java SE 6
からJDK 6 をダウンロード。
ダウンロードにはOracleへの登録が必要。
JDK 1.7 は公式にはサポートされていないので、公式でサポートされているJDK 1.6 を使用する。
ダウンロード後、それぞれインストールしておく。

公式IDEの Android Studio はまだ成熟してる感じじゃないので今回はパス。

Android SDK Tools での環境設定

開発対象とするバージョンのSDK PlatformIntel x86 Atom System ImageGoogle APIsに加え、ExtrasAndroid Support LibraryGoogle USB DriverIntel x86 Emulator Acceletor (HAXM)をインストールする。
Intel x86 Emulator Acceletor (HAXM) のみマニュアルでのインストールが必要なので注意。
Android SDK Toolsインストールディレクトリ配下の、extras\intel\Hardware_Accelerated_Execution_ManagerIntelHaxm.exeがあるので、インストールする。
その後、Android Virtual Device Manager(AVD)を起動し、エミュレートするデバイスを作る。
Intel製CPUで快適にエミュレートされるよう、デバイス作成時、以下を設定する。
CPU/ABI
Intel Atom (x86)を選択
Emulation Options
Use Host GPUをチェック

Eclipse での環境設定

JStyle アンインストール
便利な反面、coreがアップデートした時にマニュアルアップデートが必要だったり面倒なのでアンインストールしておく。
これは好みで。
plugins ディレクトリーの以下 jar ファイルを削除。
  • jp.sourceforge.mergedoc.jstyle_x.x.x.x.jar
  • org.eclipse.swt.win32.win32.x86_xxx.xxx.jar
  • org.eclipse.swt.win32.win32.x86_source_xxx.xxx.jar
その後、オリジナルの jar をリネーム。
  • org.eclipse.swt.win32.win32.x86_64_xxx.xxx.jar.backup
    -> org.eclipse.swt.win32.win32.x86_64_xxx.xxx.jar
  • org.eclipse.swt.win32.win32.x86_64_source_xxx.xxx.jar.backup
    -> org.eclipse.swt.win32.win32.x86_64_source_xxx.xxx.jar
一旦Eclipseを-cleanで起動しなおす。
Plugin インストール
ウィンドウ»設定を開き、インストール/更新»使用可能なソフトウェア・サイトで以下を追加する。
ADT
https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/
Andrey Loskutov
http://andrei.gmxhome.de/Eclipse/
その後、ヘルプ»新規ソフトウェアのインストールで、以下をインストール。
http://andrei.gmxhome.de/Eclipse/
  • AnyEditTools
https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/
  • Android DDMS
  • Android 開発ツール
  • Android 階層ビュアー
  • Android トレースビュー
一旦Eclipseを-cleanで起動しなおす。
設定変更
ウィンドウ»設定を開き、一般»エディター»テキスト・エディター行番号の表示にチェック。
Java»インストール済みのJRE検索を押してJDK 1.6 を検索しチェックしておく。
Java»コンパイラーコンパイラー準拠レベル1.6にしておく。
こんなところです。
構築後に思い出しながら書いているので、忘れてる部分もあるかも。
関連記事

0 件のコメント:

コメントを投稿